納得のいく住宅ローン借り換えを目指す!

- 借り換えるタイミングはいつがベストか

借り換えるタイミングはいつがベストか

既に住宅を購入してローンを組まれている方のなかに現在の金利に不満を抱いている方も多いと思います。

10年前くらい前に住宅ローンを組んだ方は当時の金利が最低水準だったために、これ以上金利が下がるはずはないと固定金利型を選択された方もけっこういるのではないでしょうか。
確かにバブル崩壊後から金利は急降下しましたが、現在のように落ちるところまで落ちた金利はこれ以上下がることもなく一定の金利が保たれている状態です。

確証はありませんが、これからも金利がさらに下がることもなければ上がることもなくしばらくは金利の変動が然程ない状態が続くと予想されます。
ですので、これからは金利の上昇が見込めると将来に備えて固定金利型にした人たちはここ10年間ほとんど金利の変動がありませんので変動金利型で住宅ローンを組まれている方と比較するとかなり損をしていることになります。
まだ、10年以上ローンが残っている方はこれから先も金利が変動しなかった場合に、固定金利型のままだとかなり損をしてしまうことになります。


住宅ローンシミュレーション借り換えに最適な時期というのは、経済の状況と自分の状況を照らし合わせてベストなタイミングだと思えるときです。
そのタイミングを逃してしまうと二度とやってこないかもしれません。
借り換えをしたからといって必ず得をする訳ではなく、むしろ損をしてしまう可能性も高いので慎重に見極めることが大切です。
そして、借り換えを成功させるためには、自分の判断だけでなく専門家の意見を聞くことも重要だといえます。

納得のいく形で借り換える

住宅の購入は人生で最も高い買い物となりますので、その購入に当たって組まれるローンが今後の人生を大きく左右することもあります。

住宅ローンシミュレーションをすれば得をするという話はよく聞きますが、誰でも得をする訳ではありませんので、その点をよく考えてから検討されることをお勧めします。
一般的に住宅ローンの借り換え条件として適しているのが、まず、です。
借り換えといっても無料でできる訳ではありません。

借り換え1回につき数十万円くらいが相場となっていますが、場合によっては百万円を超えることもあります。
借り換えをするためには、金利差などから諸費用を超える分の利益を生み出さないといけません。
また、諸費用の分を差し引くとほとんど利益がでないと推測されるときには辞めておいた方が良いでしょう。
借り換えの手続きは手間がかかりますので、その分を賄える以上の利益がないと全く意味はありません。
残りの返済期間が長いと良いというのは、金利差による利益が大きくなると予想されるからです。

また、プランの変更で大きな金利差を生み出すことができるのならば、残りの返済期間が短くても借り換えをする価値があるといえます。
他には残りの支払い総額が大きいほど借り換えには向いています。
借り換えをする際には、これら三つの条件を総合的に判断して、利益に結びつけることができるかをよく吟味してから決定されると良いと思います。
わからないことは専門家に相談して納得のいく形でプランの変更をしましょう。


更新情報

ページ上に戻る